blog 加満田だより 女将 鎌田るりこ

<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ムラサキカビタンと言う名前でした
e0152233_14293014.jpg
玄関前の駐車場の片隅に小さな藤棚があり、可愛い花を咲かせました。
藤の花は垂れ下がるものとお思いでしょうが、こちらはヤマフジの園芸種で、楕円に大きな花をつけます。
赤茶色の幼葉と濃い目の藤色のコントラストが何とも素晴らしい。
でも、名前がちょっと…
ムラサキカビタン いったいどんな意味かと思いきや「紫花美短」とのこと。
確かに、紫色で花が美しく短いのですが、あまりに風情がないではありませんか。
この美しい藤の愛称を思いついた方、お知らせください。
私はこの花を別の名で呼びたいと思います。

GW中は湯河原から箱根に向う道の木々の間ににヤマフジがご覧いただけます。
藤棚でしか藤を見たことのない方はきっと感激されると思います。

他にも多くの春の花々が咲き、苔の色も冴えて自然の恵みを感じます。
あ~綺麗!!
[PR]
by okuyugawarakamata | 2013-04-29 01:39 | 奥湯河原の自然
皐月の献立 4月28日~
e0152233_103865.jpg

食前酒 梅酒
先付  ぜんまい油揚げ煮浸し
      タラノ芽 小口茗荷子
前菜  道明寺団子笹巻
      稚鮎木の芽田楽
      白瓜鮑いんろう キャビア
      枇杷蜜煮 天豆艶煮 白和へ衣 
      雲丹水晶オクラ 紋甲烏賊にぎり
酢の物 初鰹砧巻 ジュレポン酢 
      茗荷竹 胡瓜 浅月
強肴  海鮮キャベツ包み
      帆立 刺身サーモン 青柳 アルファルファ
椀   蓬胡麻豆腐
     巻海老 ピーマン 花柚子
刺身  地物白身 鰹皮霜作り 鯛芽巻 烏賊鳴門作り 
      妻色々 山葵
中皿  三ケ日ポーク アボガドドレッシング
      チーズポテト 人参 クレソン
煮物  穴子豆腐 ベッコウあん 木ノ芽
      蛸柔煮 太刀いんげん 矢車人参
食事  栃木県産コシヒカリ「穂の香」
香の物 時の物三種
止椀  赤出汁 ベーコン レタス 
食後  チーズムース イチゴソース
     湯河原産柑橘類 

薫風そよぐ好季節となりました。
加満田庭園は若葉が眩しく、生命の力強さを感じます。
ぜんまい、タラノ芽、鰹と5月らしい食材を使い献立しました。
中皿の三ケ日ポークは、当館出入りの肉屋一押しの豚肉です。

湯河原には多くのハイキングコースがございます。
ご出発の時に有料にておにぎりのご用意もさせていただいております。
五月晴れの山々をご散策されてはいかがでしょうか。
もちろんドライブもお勧めです!
[PR]
by okuyugawarakamata | 2013-04-29 01:15 | お料理のご紹介
加満田庭園の住人達

今朝、お客様をお見送りに駐車場へ出たところ、楓のウロを覗き込んでいる方がいらっしゃいました。
e0152233_2183687.jpg

「釣りですか?絵をお描きになるんですか?」と尋ねたところ、
「カミキリを見に来ました。先週来た時は居たのに、1匹も居ません。」
その方は小田原にお住まいのTさん、お断りをしてお姿をカメラに収めさせて頂きました。
Tさんの話をまとめてみますと
加満田の庭には珍しいカミキリが生息しており、毎年見に来ている。
先週居たのだから、今週はもっと居るはずだが、居ない。
動画を撮ろうと思って来たのに残念だ。
足元を見ると煙草の吸殻と木の枝が落ちていた。
煙草で燻して、ウロから出て来た虫を木の枝でかき出し、捕まえたに違いない。
とのこと。
珍しいカミキリ達がいなくなってしまったのは、とても淋しいけれど、
加満田庭園には鯉、沢蟹、蛙、多くの虫達が今も住んでいます。
これから、彼らが活発に活動するシーズンです。

あなたも加満田庭園の住人達に会いに来ていただけますか?
燃えるような若葉がお迎え致します。
e0152233_21174950.jpg

[PR]
by okuyugawarakamata | 2013-04-18 21:20 | 奥湯河原の自然
待ちに待った新緑の季節
e0152233_0583029.jpg

ソメイヨシノに替り、いよいよ山桜が咲きました。
加満田庭園から沢を隔てて前の峰を見上げれば、あちらこちらに綿菓子がかかったように山桜が咲いています。
毎年、この景色を見ると「あ~私はこれから何回これを見ることができるのだろう」と思います。
平安時代の貴族のように歌に詠めたらいいのに。この美しさを描けたらいいのに。

桜の命は短いですが、これから5月いっぱい新緑をお楽しみいただけます。
楓の葉が毎日赤ちゃんが手のひらを広げるように育ってゆくのを見るのも楽しみのひとつ。
e0152233_173123.jpg

奥湯河原に何時行くの?今でしょ!
[PR]
by okuyugawarakamata | 2013-04-07 00:56 | 奥湯河原の自然



加満田の女将 鎌田るりこのblog
by るりこ
カテゴリ
全体
加満田からのお知らせ
お料理のご紹介
奥湯河原の自然
町内観光について
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る