blog 加満田だより 女将 鎌田るりこ

<   2012年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
三が日ご宿泊のご案内

本日、12月31日と元旦、2~4名様ご利用のお部屋のキャンセルがございました。
ご宿泊をご希望のお客様は"ご宿泊プラン・ご予約"ページもしくはお電話にてご予約賜りますようお願い申し上げます。

e0152233_19305731.jpg元旦から3日の3日間は、朝食にお節料理とお雑煮をご用意致します。
また、私が御屠蘇を持って新年のご挨拶に伺わせていただいております。
昔ながらの日本のお正月をごゆっくりお過ごしになりたい方におすすめです。


暮もいよいよ押し迫りましたが、お風邪などお召しになりませんようお健やかにお過ごし下さいませ。
[PR]
by okuyugawarakamata | 2012-12-26 19:27 | 加満田からのお知らせ
納経させていただきました

当館ではお客様に写経をしていただけるご用意がございます。
「般若心経」ですと1時間以上かかるでしょうか。
筆を持つ機会がない方には「延命十句観音経」をお薦めしています。
奥湯河原の静寂の中で、畳に座り、墨を磨り、筆を持つ。
そんな非日常を皆様大変お喜び下さいます。
e0152233_20172849.jpg

お書きになった写経をお持ち帰りになられる方もいらっしゃいますが、納経をご希望お客様もおられます。
私が習っているお習字の先生が、写経教室を開設されております。
先日、その教室の生徒さん達と熱海市泉にある保善院という曹洞宗のお寺に行き、各々写経に願いを込めて、般若心経と修證義を唱え、お焼香をし、お納めしました。
e0152233_20193182.jpg


字の上手下手は兎も角、習字の稽古は続けさせてもらっております。
短い時間ですが、筆を持つのは私にとってとても大切な一時です。
感 謝
[PR]
by okuyugawarakamata | 2012-12-20 20:39 | 加満田からのお知らせ
12月の献立 12月16日~
e0152233_21485958.jpg

食前酒 自家製梅酒
先付  芹お浸し 湯葉あん
     加満田長芋梅酢漬
前菜  牡蠣味噌焼菜花添え
     鱈子水晶 蒸し鮑塩麹和え
     チコリ アボガド伊勢和え
     鰻八幡巻 鮭千枚巻
     姫リンゴ 紅白ナマス とんぶり
酢の物 ナマコ酢
     胡瓜 長芋 菊花 花穂 菊蕪 
強肴  安肝 浅月みぞれおろし 梅人参
     チリコン酢ジュレかけ
椀   髪鱈竹紙巻
     焼湯葉 しめじ 芽葱
刺身  鯛 クロムツ 鮪 帆立
 紅芯大根 小菊 赤芽
 中皿  フォアグラ大根
     合鴨ロース ミニ青梗菜 針葱
     セルフィーユ 赤ワインソース
煮物  鰆湯葉豆腐 道明寺麩
     竹の子 春菊初霜
食事  栃木県産コシヒカリ「穂の香」
香の物 時の物三種
止椀  赤出汁 牡蠣 青菜
食後  リンゴゼリー りんご蜜煮 いちご
     湯河原産大津みかん

紅葉シーズンが終わり、やっと今月の料理に変更しました。
12月から、例年好評の【蟹!すっぽん!あんこう!女将の特選・選べるあったか鍋プラン】が始まりました。
月の夕膳の中の椀と煮物の替りにお選びいただいた鍋を御用意させていただきます。
ワイワイみんなで鍋をつつくも良し、一人鍋も出来ますよ。

温泉浴は基礎体温を上昇させ免疫力をアップさせるといわれています。
暮からお正月のお忙しい時を元気に過ごすために、ちょっと一晩温泉浴は如何でしょうか。
[PR]
by okuyugawarakamata | 2012-12-16 21:51 | お料理のご紹介
中村勘三郎様を偲んで
e0152233_17552928.jpg

この色紙は先代中村勘三郎様からかつ女将が頂戴したものだそうです。

先日お亡くなりになられた勘三郎様は先代とご一緒にお小さい頃から当館をご利用下さり、勘九郎ご襲名後は奥様とご一緒にお越し下さったこともございました。
その折にこの色紙をお見せしたところ、
「オヤジはいっつも茄子を書いていたよ。先代女将には子供の頃、大変お世話になったね」とおっしゃって、懐かそうにご覧になられていらっしゃいました。
勘三郎様の思い出の中に加満田があったことを光栄に存じます。
あまりに生き急がれた偉大な歌舞伎役者のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
[PR]
by okuyugawarakamata | 2012-12-10 18:03
自遊人[別冊]温泉図鑑に掲載されました
e0152233_16123329.jpg

12月4日発行の自遊人は、17名の推薦者が全国の料理の美味しい宿を紹介しています。

エッセイストの檀太郎さんがオススメの宿として当館をご紹介下さいました。
先代女将の時代からお父様共々、ご来館下さっております。
加満田をモデルとした宿が檀一雄の小説に登場したこともございました。

ページを繰るだけで、あったか鍋や繊細な日本料理、郷土色豊かなご馳走など、全国を旅した気分になれそう!
是非、書店で手にお取りになって見て下さい。
おいしそうな宿をチェックして次のご旅行のご参考にされるのもよろしいですね。


紅葉はそろそろ終わりを告げ、寒さが増す季節、鍋が恋しくなりませんか?
3月末日まで今年も「女将厳選 選べる鍋プラン」を販売しております。
また、地魚も脂がのって美味しくなるシーズンです。
燗酒と一緒にお楽しみいただければ幸いです。
[PR]
by okuyugawarakamata | 2012-12-07 16:38 | 加満田からのお知らせ
~紅葉~まだ見頃が続きます!

町内イベントとしてご案内しております”池峯「もみじの郷」とお茶室”は12月2日をもって終了しますが、奥湯河原の紅葉の見頃はまだ続きます。

e0152233_22453756.jpg
奥湯河原バス停手前梅園橋付近


不動滝から奥湯河原にかけての藤木川に張り出している紅葉は色づいたばかり!
今年は木々によって個体差が激しく、もう散ってしまい裸になった木があると思えば、まだ緑の木もあります。
ですから、今年は紅葉を長くお楽しみいただけそう。


e0152233_22462565.jpg
当館の前の路地を少し登ったところから見た加満田
左の隅に写っているのが、我が家自慢の自家源泉の櫓です。
地下250mから恵の湯を汲み上げ、少々加温して全ての浴槽に配湯しているんです。
紅葉を眺めながら温泉浴、たまりませんね。
[PR]
by okuyugawarakamata | 2012-12-01 22:56 | 奥湯河原の自然



加満田の女将 鎌田るりこのblog
by るりこ
カテゴリ
全体
加満田からのお知らせ
お料理のご紹介
奥湯河原の自然
町内観光について
未分類
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る