blog 加満田だより 女将 鎌田るりこ

<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
週間ポスト 本日発売
e0152233_20434045.jpg先日お知らせいたしました、週間ポストが本日発売されました。
ページを開くと、1ページいっぱいに当館の「どうだんの間」で小林先生と信哉様、お妹様が仲むつまじく重なって写っている写真が載っておりました。
こちらの部屋は晩年の水上勉先生もずっとご利用いただいており、帳場のすぐ側で、10畳に4畳半ほどの絨毯敷きの次の間が付いております。
ご宿泊ご希望の方は直接部屋指定でお申し込み下さい。

白洲信哉の続ニッポンの流儀~日本の旅館~を拝読し、日本の旅館とは‥‥
私は日本旅館の中にすっぽりはまっておりまして、見えないことが沢山あるのでしょう。
お客様とお目にかかり、色々なお話を伺いながら加満田のあるべき姿を探して行きたいと思います。
日々の雑事に追われ、しみじみと文章をかみ締めながら読んだのは久しくなかった事です。
信哉様、立ち止まれるひと時を頂戴し、心より感謝申し上げます。
[PR]
by okuyugawarakamata | 2009-09-14 21:35 | 加満田からのお知らせ
白洲信哉 続ニッポンの流儀 ~日本の旅館~ 週間ポスト
e0152233_134225.jpg

今年の2月13日に、週間ポストの取材でなんと”白洲信哉様”がお越し下さいました。
父方の祖父母は、白洲次郎・正子。母方の祖父は文芸評論家の小林秀雄。と知性的?なお血筋の方でいらっしぃます。
長身で甘いマスク、ご幼少の折にお爺様に連れられて当館にお越し下さったことがあるそうです。
私はその頃、もちろんまだ嫁いでおりませんでしたので存じませんが、その時にお世話した係の者と支配人が今も元気で働いてくれており、昔語りに信哉様も大変懐かしく思ってくださったようです。
この写真は、お帰りの朝、おずおずと
「週間ポストの掲載誌が出るときにブログに書きたいんですが、写真を取らせていただいてよろしいでしょうか?」と伺い、小林先生がご逗留くださっていた部屋の前で撮影したものです。
私が信哉様に申し上げた言葉はもう一つ「ありがとうございました」だけだったと思います。
ポストの編集の方が掲載誌が発行される前にご連絡します。とおっしゃってお帰りになってから、何と7ヶ月がたっておりました。
信哉様の目に加満田はどのように映ったのでしょうか。
お爺様方やおばあ様の思い出に浸った静かな時をお過ごしいただけていたら嬉しく存じます。

  週間ポストの発売日は
          9月14日(月)です。

[PR]
by okuyugawarakamata | 2009-09-11 12:09 | 加満田からのお知らせ
新たな出会い ~河童~
そもそもの始まりは、加満田と河童との係わりについてのお問い合わせの1枚のはがきでした。

初代黄桜のかっぱでお馴染みの漫画家清水崑先生(1912~1974)は、昭和20年代から加満田を度々訪れ、多くの作品を残して下さいました。当HPにも影のように各ページに現れるかっぱ達はじめ、当館には多くのかっぱが住んでおります。

当館パンフレットと清水先生の事をご説明した手紙を添えてお送りしたところ‥‥
e0152233_21443950.jpg

e0152233_21525765.jpg守屋春男様とおっしゃる画家の方からご丁寧なお手紙とご本人様がお作りになった手拭をいただきました。
なんと世の中には、河童をこよなく愛する人がいらして、「河童連邦共和国」なるものがあり、そこから河童ワールドが限りなく広がっておりました。
河童大学付属河童博物館には当館のグッズも登録していただいております。
私は、小さい時から蛙が大好きで、今も道路の真ん中を歩いているガマガエルを拾って来てしまいます。
河童を愛する人には怒られるかもしれませんが、私にとって河童は蛙のお兄さんのような存在なのです。
これから、連邦共和国の方々とお目にかかれますように。そして、沢山の河童達とも会いたいと思います。

河童博物館URL  http://kappauv.com/sub3/hakubutu.html
[PR]
by okuyugawarakamata | 2009-09-03 22:31
9月の献立 9月1日~
e0152233_16445211.jpg


長 月 の 献 立

食前酒 自家製梅酒
先付   水晶茄子寄せ
      胡麻あん クコの実
前菜   子持昆布白和え 赤トンボ
      むかご真丈 いちょう玉子
      秋刀魚肝干し 鶏チーズ焼
      小菊海老寿司 菊蕪
      ヤングコーン豚肉巻揚
強肴   甘海老酒盗和え タカの爪
椀    菊花仕立
      菊花帆立 松茸 露生姜
造り   地物活伊勢海老 白身2種
      黄小菊 妻色々
焼物   牛ヒレステーキ きのこソース
      人参 揚南京 蕪煮
煮物   鰻豆腐 共あん
      揚午蒡 打ち蓮芋
酢の物 海鮮マリネ
      蛸 烏賊 海老 トレビス 浅月
      ミニトマト 天然ルッコラ  
食事   栃木県産コシヒカリ「穂の香」
香の物 三種盛り
止椀   赤出汁 伊勢海老 三つ葉
食後   マンゴプリン 生クリーム ミント
      季節の水菓子

           調理長  浜野 守男

秋の風が虫の音を運んで参りました。
献立も、菊、むかご、秋刀魚などこの季節ならではの食材をそろえました。
刺身の伊勢海老は、近海物の活けで、口の中で海老の甘みが広がります。
1匹分いっぱいお召し上がりになりたい方は、特別価格の伊勢海老料理をお申し付け下さい。
[PR]
by okuyugawarakamata | 2009-09-01 16:56 | お料理のご紹介



加満田の女将 鎌田るりこのblog
by るりこ
カテゴリ
全体
加満田からのお知らせ
お料理のご紹介
奥湯河原の自然
町内観光について
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る