blog 加満田だより 女将 鎌田るりこ

カテゴリ:奥湯河原の自然( 34 )
紅葉シーズン真盛り
e0152233_16373639.jpeg
今年は例年に比べ、紅葉のシーズンが早く参りました。
お車でのお出かけは駐車スペースがなく、少々ご不自由をお掛けしますが、バスで奥湯河原までお越し下さい。
(当館にご宿泊のお客様は、お時間制限無く駐車場をご利用下さい)
有名建築家が設計した茶室でお抹茶を一服いかがでしょうか。
地元のお茶の先生方が日替わりで、思い思いの道具を使い、皆様のお越しをお待ちになっていらっしゃいます。
色鮮やかな照葉をご覧に是非お出かけ下さい。
丁度、会期中が見頃だと思います。


[PR]
by okuyugawarakamata | 2017-11-19 16:57 | 奥湯河原の自然
奥湯河原の蛍はそろそろおしまい

藤木川のバス通りに沿って、舞っていた蛍は数が少なくなりました。
川の中に卵を産みつけ、その一生を終えます。
来年の春まで、川の中でカワニナという巻貝を食べて育ち、川から岸辺に上陸し、羽化の時を待ちます。
来年の6月、今舞っている蛍達の子供が沢山会いに来てくれるといいですね。


[PR]
by okuyugawarakamata | 2017-07-02 17:40 | 奥湯河原の自然
いよいよ蛍が飛び始めました

昨晩から、不動滝より上流の藤木川で

自然発生の蛍が飛び始めました。

お夕食後の腹ごなしにお歩きいただいても宜しいですが、お車でご案内させて頂きます。
闇に舞う幻想的な光を是非ご覧にお越し下さい。
6月末までが見頃となります。


[PR]
by okuyugawarakamata | 2017-06-15 11:03 | 奥湯河原の自然
湯河原の蛍 6月中が見頃です!!
e0152233_09541225.jpg
万葉公園で開催中の”ほたるの宴”は本日で終了となりますが、万葉公園より下流の千歳川では、自然発生の蛍が盛りを迎えております。
標高の差で、奥湯河原エリアではこれからシーズンが始まるところです。
蛍の命は成虫になってから10日ほどで、生まれた岸辺に留まり、一生を終えるので、海沿いから奥湯河原に掛けて発生の時期が異なります。
鑑賞ポイントへは、主人か私がお夕食後にご案内させていただきます。




[PR]
by okuyugawarakamata | 2017-06-11 10:14 | 奥湯河原の自然
いよいよ紅葉本番です
e0152233_20295145.jpg

今年は例年より、1週間ほど早く色づき始めました。
大浴場やお部屋から木々の上のほうが色づいているのをご覧いただけます。
紅葉は個体差が大きいため、かなり長い間、お楽しみいただけると思います。
昨年は夏のうちに楓の葉が暑さと雨不足で縮れてしましましたが、今年は鮮やかな赤色をお楽しみいただけます。
日ごとに寒さは増しますが、奥湯河原の紅葉狩りをお楽しみいただければ幸いです。

奥湯河原バス停から徒歩7~8分のところにはこの時期だけ開放されるお茶室があり、お気軽に抹茶を一服お召し上がりいただけます。
詳しくは、湯河原温泉観光協会ホームページ”池峯もみじの郷とお茶室”をご参照下さい。
[PR]
by okuyugawarakamata | 2016-11-16 20:41 | 奥湯河原の自然
名残の蛍

藤木川に蛍が帰ってきてくれて、今年はほのかな黄緑色の光をお楽しみいただいておりますが、そろそろ盛りを過ぎたようです。
6月いっぱいは、何とかご覧いただけると思いますが、発生状況については、お問い合わせ下さい。

奥湯河原はこの時期、蛍がいなくても何となく幻想的で素敵です。
小雨にけむる山並みは東山魁夷が描く日本画の世界。
エアコンなしで、木々を渡ってくる風を楽しめるのも、この季節ならでは。
都会では、うっとうしい梅雨も当地でしたら、心静かにお楽しみいただけます。
e0152233_1061393.jpg
駐車場下に移植したカシワバアジサイが元気に咲いてくれました。
[PR]
by okuyugawarakamata | 2016-06-23 10:08 | 奥湯河原の自然
蛍が飛び始めました

万葉公園で開催されております”ほたるの宴”は13日で終了となりますが、標高の高い奥湯河原ではこれから、6月いっぱいが蛍鑑賞のシーズンとなります。
数年に渡り、藤木川遊歩道整備のため、川底を浚い、片側の護岸工事をしたために、蛍がかなり減少しておりましたが、昨晩あたりから不動滝の少し上流に蛍の舞う光を見ることが出来るようになりました。
数は少ないかもしれませんが、加満田庭園内の沢でもご覧いただけます。
川音を聞きながら、黄緑色に光る源氏蛍を是非ご覧になりにお越し下さい。
小雨程度でしたら大丈夫ですよ!
見頃は6月下旬までとなります。

e0152233_1645424.jpg
この黄菖蒲の葉の辺りや木々の間に淡い光が見え隠れします。
万葉公園で開催されております”ほたるの宴”は13日で終了となりますが、標高の高い奥湯河原ではこれから、6月いっぱいが蛍鑑賞のシーズンとなります。
数年に渡り、藤木川遊歩道整備のため、川底を浚い、片側の護岸工事をしたために、蛍がかなり減少しておりましたが、昨晩あたりから不動滝の少し上流に蛍の舞う光を見ることが出来るようになりました。
数は少ないかもしれませんが、加満田庭園内の沢でもご覧いただけます。
川音を聞きながら、黄緑色に光る源氏蛍を是非ご覧になりにお越し下さい。
小雨程度でしたら大丈夫ですよ!
見頃は6月下旬までとなります。

e0152233_1645424.jpg
この黄菖蒲の葉の辺りや木々の間に淡い光が見え隠れします。
[PR]
by okuyugawarakamata | 2016-06-10 16:17 | 奥湯河原の自然
「観蛍の夕べプラン」終了のお知らせ

万葉公園で毎年開催される「ほたるの宴」が6月16日に終了し、いよいよ奥湯河原の自然発生の蛍が飛び始めるかと思いましたが、今年は例年より随分と数が少ないように思います。
加えて、ここ数日の雨に低温と続き、お客様を蛍鑑賞にご案内出来ない日が2日ほど続きました。
今後も大量発生する可能性は少ないと思います。
当初、6月末日まで販売致しておりました蛍のプランも本日をもって終了させて頂きました。
来年は闇に飛ぶ幻想的な光を藤木川の川面で見られるよう祈るばかりです。
奥湯河原の蛍をお楽しみにお待ち下さった方々には心よりお詫び申し上げます。
[PR]
by okuyugawarakamata | 2015-06-19 22:32 | 奥湯河原の自然
庭で蛍が飛んでいます!!

例年、数が少ない加満田庭園で今年は16日から蛍が元気に飛んでいます。
昨年から今年の春にかけて、藤木川(青巒壮前より下)で遊歩道整備のため護岸工事をしました。
そのために、今年は奥湯河原エリアでの自然発生の蛍がどのくらい飛ぶか心配しておりましたが、我が家で蛍鑑賞していただけるとは、本当に有難い。
昨晩は手に取り、お客様に蛍の雄と雌の違いをご説明させていただきました。
蛍の寿命は10日ほどといわれております。
6月末までは間違いなく、鑑賞可能です。

e0152233_16303248.jpg
菖蒲の葉の茂みから北山杉の枝の間まで飛び回る源氏蛍の光を是非、ご覧になりにいらして下さい。
[PR]
by okuyugawarakamata | 2013-06-19 16:25 | 奥湯河原の自然
ムラサキカビタンと言う名前でした
e0152233_14293014.jpg
玄関前の駐車場の片隅に小さな藤棚があり、可愛い花を咲かせました。
藤の花は垂れ下がるものとお思いでしょうが、こちらはヤマフジの園芸種で、楕円に大きな花をつけます。
赤茶色の幼葉と濃い目の藤色のコントラストが何とも素晴らしい。
でも、名前がちょっと…
ムラサキカビタン いったいどんな意味かと思いきや「紫花美短」とのこと。
確かに、紫色で花が美しく短いのですが、あまりに風情がないではありませんか。
この美しい藤の愛称を思いついた方、お知らせください。
私はこの花を別の名で呼びたいと思います。

GW中は湯河原から箱根に向う道の木々の間ににヤマフジがご覧いただけます。
藤棚でしか藤を見たことのない方はきっと感激されると思います。

他にも多くの春の花々が咲き、苔の色も冴えて自然の恵みを感じます。
あ~綺麗!!
[PR]
by okuyugawarakamata | 2013-04-29 01:39 | 奥湯河原の自然



加満田の女将 鎌田るりこのblog
by るりこ
カテゴリ
全体
加満田からのお知らせ
お料理のご紹介
奥湯河原の自然
町内観光について
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る