blog 加満田だより 女将 鎌田るりこ

霜月の献立 11月11日~

e0152233_22412139.jpg

食前酒 自家製梅酒
先付   根三つ葉とんぶり和え
      干しガレイ 針海苔 
前菜  みかん蓋付 鰯酢〆蓮根あん 黄菊 
       鳴門食パン 秋鮭南蛮漬
      秋刀魚肝干し 柿南京 栗丸十 
      甘海老三升漬和え 一葉玉子
酢の物 安肝 胡瓜
      ジュレぽん酢 浅月 赤おろし
強肴  鮭親子和え 千枚漬
椀   むかご真丈 茸沢煮仕立
      紅葉人参 酢橘
造り  地物刺身三種 才巻海老
      花穂 ムラ芽 妻色々
焼物  海老芋宝舟 
      海老 百合根 銀杏
      合鴨 ヤングコーン ブロッコリー
        菊蕪
煮物  茄子オランダ煮
      鮎煮 墨蓮根 道明寺麩
      いんげん 紅葉人参
食事  栃木県産コシヒカリ「とちほのか」
香の物 時のもの三種 
止椀  赤出汁 
食後  洋梨ムース 洋梨蜜煮 ホイップ
      湯河原産 早生みかん

ここ1週間ほどの寒さで、例年より少々紅葉が早そうです。
楓の木々が所々色が変わり始めました。

今月は、献立替えが少々遅れましたが、本日から新メニューとなります。
晩秋の献立には、ちょっと変わった焼物をご用意しました。
海老芋をくりぬき、ホワイトソースと共に様々な具材を詰めました。
船になっている海老芋が柔らかくホカホカで、ソースと一体となり、やさしいお味に仕上がっています。
お食後は湯河原産の早生みかんですが、当地では今年、みかんが凶作のようです。
シーズン中は出来る限り、地場の味覚をお届けしたいと思います。
空気が乾燥し、風邪の流行始める季節ですので、お体をくれぐれもお大切になさって下さい。
温泉、温まりますよ!!

e0152233_237504.jpg

[PR]
by okuyugawarakamata | 2016-11-11 23:08 | お料理のご紹介
<< いよいよ紅葉本番です "ゆうゆう”12月号... >>



加満田の女将 鎌田るりこのblog
by るりこ
カテゴリ
全体
加満田からのお知らせ
お料理のご紹介
奥湯河原の自然
町内観光について
未分類
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 10月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

貸切露天風呂|極上の湯を貸切露天風呂でじっくり味わう

文人達に彩られた加満田の歴史

加満田で体験

ページの先頭へ戻る